表演会の記録

去る2019年6月2日(日曜日)、今年も平塚市馬入ふれあい公園内「ひらつか サン・ライフ アリーナ」に600名を超える参加者、来場者を得て、第32回無限太極拳協会交流表演会が盛大に開催されました。
今回は、第19回より13年間にわたる「ひらつかサン・ライフ アリーナ」に於ける大会開催実績、及びアリーナ主催イベントへの貢献が認められ、希望であった6月中の日曜日の開催が実現しました!
また今回、各グループによる表演種目を3種目から2種目に減らすと同時に、希望者がグループの枠を超えて自由に参加できるプログラムを設けることで、大会の所要時間を短縮し、そして、表演を通じてより多くの無限太極拳協会の仲間と交流できる内容としました。
「有志参加枠」として設けられたこのプログラムに、果たしてどれほどの方がご参加いただけるか不安を抱く中スケジュールが進行しましたが、予想をはるかに超える方々の参加を得て、グループの垣根を超えた表演は大いに盛り上がりました!
更に地元のケーブルテレビ局である《 J:COM湘南 》のデイリーニュースによる取材が入りました!
後日(6月6日)放送の内容は、本大会の模様や主旨が短い放送時間の中にも十分に伝わるものとなっており、多くの方々が思い出と共に放送を楽しみました!



毎年恒例、全員参加での24式合同練習。
広いアリーナを埋め尽くす参加者の皆さんの熱気!

プログラム毎に各団体の表演。
表演服、手作りの衣装、ネームの入ったTシャツなど、装いもペースもそれぞれデス。

協会講師によるフォーメーションを変化させた32式剣の表演。

協会講師による各組工夫の自選対練太極剣。

天野雅司副会長による楊式85式太極拳(一部抜粋)、陳式太極剣

一曲の音楽の中で、曲のテンポの変化に合わせて呉式太極拳から八極拳へと演目を変化!

最後は例年の如く、皆さんに囲まれての陳式太極拳(徐偉軍老師編纂の規定套路)

こちらも恒例、アンコールの拍手に応えての陳式36式太極拳の表演でプログラムの最後を締めくくりました。
最後のプログラムまで応援、有難うございました!!

去る2017年8月12日(土曜日)、毎年恒例の無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、今年も平塚市馬入ふれあい公園内「ひらつか サン・ライフ アリーナ」にて盛大に開催されました。
今回は30回目を迎えた記念すべき大会であり、また週末土曜日の開催でもあり多くの参加が期待されましたが、お盆の時期と重なったことで例年を下回る550名ほどの参加となりました。
しかし、各グループとも少なめの人数ながら心のこもった表演を披露し、穏やかな中にも熱気溢れる夏の祭典となりました!



会場には今年、北京にて徐偉軍先生より送られた書が掲げられました。

第30回を記念して送られたお花も正面に飾られました。

全員参加での合同練習(24式)。
例年より人数が少ないとはとても思えない壮観さでした!

プログラム毎に各団体の表演。衣装もペースもそれぞれ (^-^)

2017年度第32次訪中団参加者による帰国表演。少人数でも堂々とした表演でした!

協会講師による、陳式太極拳と楊式太極拳を組み合わせた美しい表演。
同じ白い表演服でも縁どりなどに個性が♪

天野雅司副会長による表演
(48式、八卦掌、八極拳、徐偉軍老師編纂の陳式規定太極剣)
恒例の皆さんの輪の中での表演(陳式規定太極拳)

そしてこちらも恒例、アンコールの拍手に応えての楊式8式太極剣の表演で
プログラムの最後を締めくくりました。
皆さんお忙しい中、最後のプログラムまで残ってくださり有難うございました!!

去る2016年6月29日(水曜日)、毎年恒例の無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、今年も平塚市馬入ふれあい公園内「ひらつか サン・ライフ アリーナ」にて盛大に開催されました。
今回は平日の水曜日の開催ということで参加者が少ないことも予想されましたが、参加グループは初参加も含め過去最高の60グループを達成!!
昨年を上回る約680名の方の参加をいただき、小学生から90歳代の方まで、自分のペースで交流表演を楽しみました!



全員参加での合同練習(24式)。
いつもながらアリーナを埋め尽くす太極拳の輪は圧巻です!!

数団体が同時に表演。ペースがそれぞれも味わいです!

今年も遠路厭わず参加くださった愛知支部長と熱海輝きの会の皆さん。
少人数でも堂々とした表演でした

協会講師による24式の表演。
自分の先生を見つめる目は憧れ?厳しさ?

天野雅司副会長による表演(徐偉軍老師編纂の陳式規定太極拳、
48式、八卦掌、陳式太極剣)。恒例の皆さんの輪の中での表演(陳式太極剣)
終了後は、鳴り止まぬアンコールの拍手に応えて陳式8式太極拳の表演で
プログラムの最後を締めくくりました。
皆さんお忙しい中、最後のプログラムまで残ってくださり有難うございました!!

去る2015年5月31日(日曜日)、毎年恒例の無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、今年も平塚市馬入ふれあい公園内「ひらつか サン・ライフ アリーナ」にて盛大に開催されました。
今回は5月末という運動にも心地よい開催日となり、昨年を大きく上回る約650名の方の参加をいただき、初参加の小学生の姉妹を始め、8才から95才までの幅広い年齢層の方々の素晴らしい表演が繰り広げられました。
また、当日は雨天が予想されていましたが、集まった皆さんの陽の気が低気圧を押し下げたのか、好天に恵まれました!
見学の方や応援の方、またお子さんの来場者も多く、表演に感激されて早速入会された方もいらっしゃいました!!



種目毎の合同練習会の様子(陳式36式、楊式規定套路、32式剣)。
これからの表演本番に向けて、どの種目でも熱気あふれる練習が行われました!

今年も遠路厭わず参加くださった愛知支部の皆さんと熱海輝きの会の皆さん。

協会講師による太極マークをイメージしたフォーメーションでの48式の表演。

恒例となった、間近に参加者の皆さんをお迎えしての24式の表演。
日頃の練功の成果が、会員さん方の熱い目にさらされます!

天野雅司副会長による表演(徐偉軍老師編纂の陳式規定太極拳、32式剣、八卦掌)。
そして恒例になった皆さんの輪の中での表演(陳式36式)。
皆さんお忙しい中、最後のプログラムまで残ってくださる方が年々増えています!

去る2014年8月10日(日曜日)、毎年恒例の無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、今年も平塚市馬入ふれあい公園内「ひらつかアリーナ」にて盛大に開催されました。
例年よりも遅くお盆に絡む日程だったこともあり、表演参加者は例年を下回る約600名でしたが、応援、見学の方は例年以上でした。
また当日は、台風の影響で1日を通して時折風雨角が強まる天候の中、遠く広島支部、愛知支部の方々も駆けつけてくださり、当日は約700名の熱気がアリーナを包みました!



開会式の様子

傳田恭生理事長の挨拶

河野太郎衆議院議員の名代として
ご挨拶下さった、秘書の矢野裕一先生

例年通り全員揃っての練功十八法、簡化24式太極拳の合同練習。
やはり圧巻です!

各教室ごとのグループに分かれて、いざ表演開始です!
パチパチパチ!!

渡辺支部長以下4名で参加した愛知支部の表演。
安定感のある堂々とした表演でした!

協会コーチによる太極剣対練。
剣の擦れ合う音が響き、迫力ある表演で会場が湧きました!!

プログラム終盤、皆さんアリーナに降りて間近で協会講師の24式を観覧。
ご自分の姿を映し、真剣な眼差しを向けていました!!

天野雅司副会長による八極拳

天野雅司副会長による48式太極拳

恒例になった皆さんの輪の中での天野雅司副会長による表演。
陳式規定太極拳(徐偉軍老師編纂の套路)と、
アンコールに応え演じた陳式36式太極剣。
プログラムの最後を飾り、大会を拍手喝采で締めくくりました!

去る2013年7月27日(土曜日)、毎年恒例の無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、今年も平塚市馬入ふれあい公園内「ひらつかアリーナ」にて盛大に開催されました。
今年新規に参加されたサークルもあり、56サークル 700名を超える表演参加者と、ご家族や応援の方々で観覧席はほぼ満席となる賑わいとなりました!



参加者の皆さんの表演

協会講師による48式、方位太極拳の表演
四方へ展開する隊列で、美しい表演でした!

天野雅司副会長による表演
(陳式36式太極拳、八卦掌、陳式56式太極剣)

去る2012年7月13日(金曜日)、毎年恒例の無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、今年も平塚市馬入ふれあい公園内「ひらつかアリーナ」にて盛大に開催されました。
週末の開催がかなわず、初のウィークデイ開催となりましたが、55サークル 650名余りが参加され、ご家族や応援の方々を合わせ、観覧席はほぼ満席となる賑わいとなりました。
静岡県熱海支部の参加に加え、愛知支部からも支部長、および有志の方による参加もあり、エアコンの効いた館内は熱気に包まれました!



開会式の模様

『参加者全員による練功十八法、および簡化24式太極拳』
広々としたアリーナが素晴らしい気で満たされました!

『種目毎の合同練習会の様子』
コーチにリードされながら、希望者が各套路を練習です

美しい表演服に身を包んだ、本年3月の第27次訪中団による帰国表演
お一人だけで表演となった種目もありましたが、見事に表演されました!

協会講師による華麗な表演
(左;剣による対練、右;24式)

天野雅司副会長による表演
(陳式56式太極剣、八極拳、陳式36式太極拳)

去る2010年5月30日(日曜日)、毎年恒例の無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、今年も、平塚市馬入ふれあい公園内の「ひらつかアリーナ」にて、盛大に開催されました。
会場手配の関係で、ほぼ1ヶ月前の日程PRになり、参加者の皆様にご迷惑をおかけしましたが、昨年度に劣らぬ700名以上の表演参加者の方々と、多くの応援、見学のお客様で、満席のひらつかアリーナは熱気につつまれました!
河野太郎衆議院議員は、残念ながら出張のためお越しになれませんでしたが、わざわざ秘書の方が駆けつけてくださり、河野議員よりの応援のメッセージを伝えてくださいました。




開会式の模様

河野太郎衆議院議員よりの
応援のメッセージをお持ちくださった、
河野議員の秘書の方

天野雅司 協会副会長による
楊式剣の表演

天野雅司 協会副会長による
力強い八極拳の表演

天野誠 協会事務局長による
32式剣の表演

例年同様、最後を飾る
天野雅司 協会副会長による
陳式36式の表演

去る2009年5月31日(日曜日)、毎年恒例の無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、今年も、平塚市馬入ふれあい公園内の「ひらつかアリーナ」にて、盛大に開催されました。
折しも、新型インフルエンザの国内感染が始まり、開催すら危ぶまれた、今大会でしたが、当日は好天に恵まれ、昨年同様、観覧席を満席にするほどの参加者、そして応援の方々が集まり、不景気もインフルエンザも吹き飛ばす様な、熱気につつまれました!
また、今回は来賓として、河野太郎衆議院議員が、応援に駆けつけてくださり、更にサプライズゲストとして、北京体育大学講師で、現在日本でも活躍されている、李自力老師も来場され、素晴らしい表演を披露してくださいました!また、無限太極拳協会の仲間としては、昨年同様参加の、愛知支部、熱海支部に加え、広島支部からも参加者を迎え、華やかで見応えのある大会となりました!!



合同練習会の模様
広いアリーナがびっしり!

応援のご挨拶をされる、
河野太郎衆議院議員。

天野雅司 協会副会長による八卦掌の表演。

最後を飾る 天野雅司 協会副会長による陳式36式の表演。
観覧席を降りた皆さんの、輪の中での表演です!

去る2008年7月27日(日曜日)、毎年恒例の無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、今年も会員の皆様方の評判が良かった、平塚市馬入ふれあい公園内の「ひらつかアリーナ」にて盛大に開催されました。
盛夏の快晴の中、54サークル 720名余りが参加され、ご家族や応援の方々を合わせ、観覧席は満席となる賑わいを見せていました。
今回は、静岡県熱海支部の参加に加え、愛知支部からも、支部長始め有志の方による初参加もあり、正に全国規模の大会への、大きな一歩となりました!



開会式、及び全員による合同練習会(練功十八法、簡化24式太極拳)の模様
広い「ひらつかアリーナ」も手狭に感じました。

天野雅司 協会副会長による
八極拳の表演


各教室による交流表演

協会講師による
簡化24式太極拳の集隊表演
年々、美しさが増します!

各教室による交流表演

協会講師による
対練太極剣の表演

昨年度から実施の
参加者全員による自由表演

天野雅司 協会副会長による
陳式簡化36式太極拳の表演
間近に見る表演に、興奮!

去る2006年5月21日(日)、無限太極拳協会 第19回 合同練習会 交流表演会が、所も新たに、神奈川県平塚市馬入ふれあい公園内の「ひらつかアリーナ」にて、盛大に開催されました。
当日は天候にも恵まれ、ついに参加者実数(応援、観覧の方々を除く)が600名を超え、630名に達しました。相当な混雑も予想されましたが、「ひらつかアリーナ」は、アリーナ内スペースは元より、ロッカールーム、化粧室などの設備も広々として使いやすく、参加された方々の協力とも相まって、大会はスムーズに運営されました。
当日は、湘南地域を本拠地として活動され、また現在自民党総裁選にも立候補され、大変ご多忙の身でいらっしゃる、河野太郎衆議院議員も駆けつけてくださり、応援のお言葉をいただきました。 今後のますますの発展を予感させる、記念すべき大会となりました。



応援のご挨拶をされる
河野太郎衆議院議員

参加者全員で
簡化24式太極拳

各種目別のグループにて
合同練習会

天野誠 事務局長による
楊式太極拳規定套路の表演

協会講師による
42式太極剣の表演

天野雅司 協会副会長による
陳式簡化36式太極拳の表演

去る2005年7月18日(月;海の日)恒例となった無限太極拳協会 合同練習会 交流表演会が、所も同じ寒川総合体育館メインアリーナにて盛大に開催されました。
18回目を向かえた今大会、海の日の開催となった事で、同日茅ヶ崎市で開催された有名な浜降祭(はまおりさい)と重なり、湘南地区の参加者の減少が見込まれました。
しかし、初参加の教室や、各教室ニューフェイスの多数参加、そして見学、応援の方など、昨年を大きく上回る700名近い入場者となりました。
なお、参加人数の増加により、今回はやむなく各套路に分かれての合同練習を取りやめ、全員による練功十八法、簡化24式に続いて、午前中より交流表演会が開始されました。
当日は猛暑に見舞われた1日でしたが、エアコンの効く寒川体育館メインアリーナは、心地良い温度に保たれていました。
しかし出演者の熱気は、外の暑さのも負けないものでした!



開会式、及び全員による合同練習会(練功十八法、簡化24式太極拳)の模様


各教室による交流表演会のスナップ
講習会の記録
依然として新型コロナウィルスの蔓延は止まず、昨年同様、3月の北京体育大学への研修旅行を中止することとなりました。
これにより、2022年4月26日(火)~4月29日(金)の4日間にわたって、天野雅司会長による特別講習会を開催いたしました。

会場である神奈川県シンコースポーツ寒川アリーナの利用人数制限は、昨年末から徐々に緩和され、1種目定員100名として2時間半のクラスを設け、簡化24式、48式太極拳、32式楊式太極剣、楊式40式太極拳、陳式簡化36式太極拳を練習する内容となりました。
前回まで簡化24式と48式太極拳を1クラスにまとめていましたが、まだ教わっていない種目を習うことに戸惑われる方もあったため、今回は簡化24式のみを練習するクラスを設けました。これにより、練習し始めたばかりの方々にも、参加していただきやすくなり、延べ488名の方が参加されました。



会員証を使って受付ができるようになりました。
非接触型検温器と間違えられるのは、コロナ禍ならでは・・・。

腰痛が原因で参加をキャンセルされた方が多く、
背面を意識することの解説にも熱が入ります。

要点の解説を交えながらの示範を、しっかりと目に焼き付けます。

板書の記録も”スマホでパシャリ”が当たり前。

4月末というのに寒い日や、雨風で荒れた天気の日がありました。
ご参加いただいた皆様、大変お疲れ様でした。
未だ新型コロナウィルス感染症が収束せず、例年中国老師をお迎えして開催している講習会を断念せざるおえなくなりました。
しかし毎年の講習会を楽しみにしておられる会員の皆様のご要望に応え、初の試みとして、2020年10月15日~10月17日の3日間にわたり、天野雅司副会長を講師に、神奈川県シンコースポーツ寒川アリーナにて特別講習会を開催いたしました。

定員130名の会場にて60名程度に人数を限定して、簡化24式・48式太極拳、32式楊式太極剣、楊式40式太極拳、陳式簡化36式太極拳を、各種目2時間のクラスに分け、たくさんの動作を覚えるのではなく、基礎を底上げするよう重要なポイントを練習する内容となりました。



換気のために開けた窓から初冬の風が吹き込む中、
入念に準備体操を行います。

楊式太極拳の基本姿勢の一つでもある抱球勢で、開合・纏繞を練習します。

剣を扱うには、手の形の変化が重要です。

末端の小さな動きが全身に反映されることを体感します。

太極図をなぞりながら逆纏・順纏を練習します。

体を痛めない正しい動きは、自ずと恰好良い動きとなります。

「次回開催されることがあればまた参加したい!」
「ぜひ定例化してほしい!」といった声が多数寄せられ、
好評のうちに終了しました。

第30回記念の感謝の
楯と記念品の贈呈
(歓迎レセプションにて)

今年も北京体育大学の徐偉軍教授と、同じく今年教授になられた国家級教練の李英奎教授をお迎えして、2015年9月30日~10月2日(第1次)、及び10月5日~7日(第2次)の6日間に渡る無限太極拳協会第30回記念全国講習会、および10月11日(李老師)、10月15、16日(徐老師)の特別講習会が、神奈川県寒川総合体育館にて盛大に開催されました。

30年の節目に当たった今回、頭を立てることや姿勢の中正の重要性、動き出す前の「穏」「正」「静」など、改めて基本の重要性を強調された講習となりました。
徐老師のおっしゃられた
「心と体のドアを開く!」
というお言葉は、参加者一同の胸に響きました!

また、徐老師の表演は毎回その内容を微妙に変更されて、ご自身が講義された内容を体現するものでした!

李老師による剣の講習会では、動作の伝統的名称のイメージを動作に生かすという内容など、太極拳の伝統文化としての一面も強調されていました。

今回、30周年を記念して、徐老師に長年のご指導に対する感謝の気持ちとして感謝状(ガラス製楯)と記念品(江戸切子花瓶)をお贈りしました。
徐老師からは当協会天野祐子会長へ功労賞としての楯が贈られました。



ますます円熟味の増した李老師の表演(螳螂拳、太極剣)

まさに自在!神明の域に達した感のある徐老師の表演

今年も北京体育大学の徐偉軍教授と、国家級教練の李英奎助教授をお迎えして、2014年9月29日~10月1日(第1次)、及び10月2日~4日(第2次)の6日間に渡る無限太極拳協会第29回全国講習会、および10月10日(李老師)、10月16、17日(徐老師)の特別講習会が、神奈川県寒川総合体育館にて盛大に開催されました。
今回は、リラックスした状態でスピーディに動く練習や、表情と精神状態が姿勢や動きに及ぼす効果などの練習も行われ、心身の能力を衰えさせない工夫を指導されました。
また、陳式太極拳の講習では、激しい発力動作や跳躍動作も自ら何度も示範され、正しい鍛錬の積み重ねが、いかに素晴らしい功夫を生むかを、まさに身を持って体現されていました。

徐老師の
「太極拳は日常で身に付いた、動きの汚れを洗い流すもの」
というお言葉は、私たちが向かうべき方向を、改めてはっきりと示してくださいました!



全体練習の後、
各套路のグループで練習

先頭に立って熱意溢れる
指導をされる徐老師

李老師のご指導は、一人ひとり丁寧、且つユーモア溢れるもので、
受講者も笑顔が絶えません。

歓迎レセプションで。
参加者の質問にも真摯に答える徐老師

李老師による螳螂拳(左上)、長穂剣(右上)は、衰えない力強さとスピードが
圧巻!
24式太極(下)拳は円熟の境地に!

徐老師による陳式、楊式規定套路
(今秋開催された第1回世界太極錦標賽での規定種目)。
力強さと柔らかさ、まさに剛柔相済の境地です!

天野雅司副会長による楊式太極刀(左)、呉式太極拳(右)。

協会講師による集体表演。
年々美しさを増しています。

今年も北京体育大学の徐偉軍教授と、国家級教練の李英奎助教授をお迎えして、2013年9月29日~10月1日(第1次)、及び10月2日~4日(第2次)の6日間に渡る無限太極拳協会第28回全国講習会、および10月12日(李老師)、10月17、18日(徐老師)の特別講習会が、神奈川県寒川総合体育館にて盛大に開催されました。

未だ日中関係が良好な状態に戻らない中、今回も最も多い日で160名以上の参加者が集い、太極拳を通しての文化交流で両国民間の友好を示すことができました!

歓迎レセプションの席上で、徐老師がおっしゃられた
「私が無限太極拳協会の講習会に来るのは、今年で26年目になります。26年といえば、人の一生の3分の1近くに値するでしょう。
人生の3分の1の期間、毎年毎年無限太極拳協会の方々とお会いしてきたのですから、この友好関係は今後も決して壊れることはありません!」
というお言葉に、参加者一同、感動の念を禁じえませんでした。

お二人の先生とも例年通り、熱意溢れる講習をしてくださりました。
特に今回は、徐老師により伝統的動作から編纂された「30式陳架」、および「30式楊架」の講習が行われ、参加者は初めて体験する内容に、戸惑いながらも嬉々として取り組んでいました!



参加者の前で挨拶される徐偉軍、李英奎両老師と、通訳にあたる天野雅司副会長

徐偉軍老師による30式楊架の表演

徐偉軍老師による30式陳架の表演

李英奎老師による表演
(左上:螳螂拳、右上:32式太極剣、下:長穂剣)

天野雅司副会長による表演
(上:呉式太極拳、下:楊式太極刀)

協会講師による集体表演

今回も、北京体育大学の徐偉軍教授、李英奎助教授をお迎えして、2012年10月30日~10月2日(第1次)、及び10月5日~7日(第2次)の6日間に渡る無限太極拳協会第27回全国講習会、および10月26日(李老師)、11月2、3日(徐老師)の特別講習会が、神奈川県寒川総合体育館にて盛大に開催されました。

尖閣諸島をめぐる反日運動の過熱など、日中間の緊張が取りざたされる中、「太極拳を通しての、私たちの民間交流には、何の関係もない!」と、はっきりおっしゃり、何のためらいもなく来日くださった徐老師の熱意に応えて、例年を大きく上回る受講者が集まりました。
お二人の先生も、全国講習会、特別講習会を通して熱意溢れる講習をしてくださり、参加者の意気も大いに盛り上がりました。

全国講習会における両老師による講習風景と、1次2次各3日目に行なわれた、両老師、及び無限太極拳協会講師による表演会の模様をお伝えします。



徐偉軍老師による熱意溢れる指導と、
天野雅司副会長による通訳

李英奎老師による細やかな指導

徐偉軍老師による
楊式太極拳「斜飛勢」

徐偉軍老師による「八式陳架拳」
年齢を感じさせないどころか、
年々迫力と凄みが増します!

李英奎老師による螳螂拳
スピード、迫力とも一層の
冴えを見せて下さいました!


李英奎老師による長穂剣

天野雅司副会長による
呉式太極拳「海底針」

天野雅司副会長による
楊式太極刀

協会コーチによる集体太極剣
美しい花が咲き誇りました!

全国講習会全日程終了時の、
お二人の老師による講評と挨拶

去る2004年9月30日~10月2日(第1次)、及び10月5日~7日(第2次)の6日間に渡り、北京体育大学の徐偉軍教授、段全偉講師をお迎えして、第19回無限太極拳協会全国講習会が、神奈川県寒川総合体育館にて盛大に開催されました。
6日間全日程に参加されるツワモノも年々増える中、延べ500名に上る太極拳愛好家が、はるばる北京より来日されたお二人の老師のもと、一段と深みを増した太極拳理論と実技に、真剣かつ楽しく取り組んでいました。
第1次、及び第2次の各3日目に行なわれた、お二人の中国老師、及び無限太極拳協会講師による表演会の模様をお伝えします。



徐偉軍老師による楊式太極拳 「単鞭」

徐偉軍老師による楊式太極拳 「伏虎勢」

徐偉軍老師による陳式簡化36式太極拳の「攔扎衣」と「当頭炮」

段全偉老師による査拳

段全偉老師による豪快な跳躍技 九節鞭(左)、南拳(右)

天野雅司副会長による呉式太極拳の「野馬分鬃」、楊式太極刀の「閃歩扎」

協会講師による32式太極剣の集体表演
その他の記録

会長 天野雅司
私たち無限太極拳協会は、「太極拳を通じて、一人一人が真の心身の健康を得ることこそ、平和な社会への第一歩である。」という理念の下、任意団体として40年間活動してまいりました。 今回のコロナ禍は世界中に甚大な影響を与え、社会情勢が急変しております。また現在の地球環境の変化を見ると、今後いかなる危機が到来するかは予断を許しません。
太極拳を正しくお伝えし、更に歩みを進めて安心して学べる体制を構築していくために、この度任意団体の名称を継承しつつ、『NPO法人 無限太極拳協会 』として新たにスタートすることとなりました。 NPOという新しい組織形態となり、協会として一層の充実を目指して参りますので、宜しくお願いいたします。

2020年12月

無限太極拳協会ツイッター公式アカウント https://twitter.com/mugenamano を開設しました。
主に緊急の通知・イベントの告知等はツイッターでお知らせします。
静岡FMのレギュラー番組「GreenHumming」にて、無限太極拳協会が紹介されました。
パーソナリティーのunistyleYUUMIさんが、座間太極拳ひまわり会にて太極拳を体験され、「カラダの声に耳を傾ける」ことへの魅力を、アーティストならではの豊かな感性で語られていました。

座間太極拳ひまわり会での講義の様子と、太極拳を体験されるYUUMIさん

YUUMIさんからインタビューを受ける、天野雅司副会長
unistyleYUUMIさんオフィシャルサイト内のウェブマガジン「ユニの間」Vol.31(有料)にて、 特集記事と天野雅司副会長とのインタビュー動画がご覧いただけます。
静岡FMのレギュラー番組「GreenHumming」:https://www.k-mix.co.jp/unistyle
unistyleYUUMIさんオフィシャルサイト:http://Unistyle.in

J:COMのインタビューに応える
天野雅司副会長
第32回交流表演会が6月6日、地元のケーブルテレビ局である《 J:COM湘南 》のデイリーニュースで紹介されました。
放送の内容は、本大会の模様や、競技という形式を取らず、健康維持のため太極拳に取り組む仲間同士の交流を図る主旨が、短い放送時間の中にも十分に伝わるものとなっており、多くの方々が思い出と共に放送を楽しみました。
設立40周年を記念し、ホームページをリニューアルしました。

徐偉軍老師が長年提唱されてきた、伝統的太極拳の合理性や、膝の故障などに対する安全性を考慮した新しいルールを採用した、新しい形での太極拳世界大会が、「首届世界太極拳錦標賽(和訳;第1回世界太極拳選手権)」として、去る2014年11月4日より4日間に渡り四川省成都において開催され、徐老師が総審判長を務められました!

中国のメディアでは、
「この世界で最も高いレベルの太極拳の大会に、31の国家と地区の297人の選手が参加した。総審判長の徐偉軍は"新しいルールは、総合性の評価比重を下げて人的要因の入る余地を減らし、更に客観性と理性を加え、試合をより公平、公正、公開なものにしました。"と語った。」(内容抜粋のうえ意訳)

と報道されていました。

PAGE TOP